イメージ画像

ミドリムシ(ユーグレナ)の生息場所

前回の記事では、淡水に生息しているとご紹介しました。口に入れるものなので、きれいな所で生息しているミドリムシがいいですよね?

そこで、どこに生息しているミドリムシをサプリメントや食用として生育しているか調べてみました。

沖縄県産 ミドリムシ

場所は沖縄県、石垣島。 太陽がサンサンと降り注ぎ、美しい水や澄んだ空気の3点セットが揃う自然環境の中で、ミドリムシを育てている販売店がありました。

私は石垣島は行ったことがないのですが、急にミドリムシが羨ましくなってきました。。。 なんとなんと、世界で最初にミドリムシを大量培養が行われたのが、沖縄県の石垣島なんです。

石垣島は、1年の平均気温が23度以上で晴れの日が多く、光合成するにはばっちりな環境なんです。しかも、水質もかなり良いようで、元気なミドリムシが育つんです。

ミドリムシの研究所もあるんです

その販売店によると、石垣島に生産技術研究所を設立したようなんです。東京大学アントレプレナープラザ内の研究室(本店)と連携して、ミドリムシの生産技術をさらに改善するために実験やデータ採集を行っているらしいです。

その販売店が、販売しているミドリムシ商品はたくさんありました。

「緑汁」「カンパン」「塩」「バジルペースト」「みどり米」個人的には、バジルペーストにすごく興味が惹かれました。パンとかに塗ったらきっとおいしいんだと思います。

また、移動販売で、石垣産ユーグレナを用いたドリンクも販売しているみたいです。会社の近くまで来てくれたら毎日飲むのになぁ。。。と思ってしまいますね。

タグ

« ミドリムシって何者?! | ホーム | ミドリムシ販売の歴史 »

このページの先頭へ